top of page
  • 執筆者の写真磯田

カラダ作りはタンパク質で!!

 こんにちは、B‘zのLIVEチケットが取れて浮かれている磯田です。長居スタジアムのチケットが取れました!いい席になりますように祈っててください。

さて、昨今のダイエットブームで

『タンパク質は大切』

『高タンパク低カロリー』

など聞くことが多くなってきましたね。


本日は、なぜタンパク質が大切なのかお伝えします。


【タンパク質が大切な理由】


①カロリーが低い

 3大栄養素の中でも

  • 脂質:9kcal/g

  • 糖質:4kcal/g

  • タンパク質:4 kcal/g

と、脂質の半分以下のカロリーです。


②血糖値が急激に上昇しない

 糖質を一気に食べると血糖値が急上昇します。血糖値が上がるとインスリンというホルモンが出るのですが大量に出ると必要以上に糖質を脂肪細胞に溜め込んでしまします。

一方タンパク質は食べても血糖値が急上昇しないので太りにくいんです。


③食事誘発性熱産生(DIT)が高い

 DITとは、食べた物を消化・吸収・分解するために使われるエネルギーのことです。

それぞれのDITの割合は、

  • 脂質:4%

  • 糖質:6%

  • タンパク質:30%

なんです。桁違いです!!

100g食べても 100g×4Kcal×30%=120Kcalは自然と使われるってことです。


④筋肉を維持できる

 筋肉量が減ると、基礎代謝(呼吸・体温維持・内臓の活動など生命維持に使われるエネルギー)も下がります。

1日の消費カロリーの内訳

  • 基礎代謝60〜70%→うち20%は筋肉で消費されます。

  • 身体活動20〜30%

  • DIT 10%


いかがでしょうか。


タンパク質は食べても太りにくいんです!


ダイエットも筋トレも成功のカギを握っているのが食事です。

その中でも特にタンパク質が大切ですね。


次回は

『タンパク質の効果的な取り方』です。


最新記事

すべて表示

意識高い系飯

こんにちは。鍼灸&パーソナルジムISの磯田です。 インスタグラムのストーリーに本日の空き時間を上げてたら、嬉しいことに当日予約が増えました。めちゃくちゃ嬉しいですね~。当日予約大歓迎です。 さて、最近よく「なに食べてんの?」とか、「食事制限してんの?」などよく聞かれます。 食べ過ぎた時や、体重が増えて来たら食事に気を付けます。 その時は、キャベツ、鶏むね肉、豆腐、卵など量を調節して食べるんです。

Comments


bottom of page