top of page
  • 執筆者の写真磯田

すごいぞ!タンパク質!!



 たこ焼きをする時は「パロマ」一択です。このたこ焼き粉めちゃくちゃ美味しいんです。和泉食品さんありがとうございます。

タンパク質の話なのに粉もんの話ですみません。


 それでは、本題に入ります。人体のほとんどはタンパク質で構成されていてとても大切なことは皆様もご存じなはず。

食事制限などをされている方は高たんぱくな食事をされていますよね。


ダイエット成功の秘訣、いっぱい食べても太りにくいタンパク質なのですが、

「なぜ太りにくいのか⁉」についてです。


1.たくさんたべてもカロリーを抑えられる

糖質は1gあたり4キロカロリー、脂質は1gあたり9キロカロリーに対して

タンパク質は1gあたり4キロカロリーです。

ダイエット中は高タンパクな食事ですのでたくさん食べてもカロリーを抑えられるのです。


2.血糖値の急上昇を抑えられる

ご飯やおやつを早食いしてしまうと血糖値が急上昇します。これを血糖値スパイクと言います。血糖値スパイクになると血糖値を下げようとインスリンがドバドバでちゃいます。

すると余分な糖質を脂肪に溜め込もうと必死に働いてしまうんです。なので血糖値スパイクがおきると太りやすいんですね。一方でタンパク質は血糖値スパイクを起こさないので太りにくいといえます!


3.食事誘発性熱産生(DIT)が高い

漢字ばっかりですが、簡単に言いますと

食べたものの消化・吸収・分解の際に消費されるエネルギーのことです。


糖質は6%、脂質は4%、なんとタンパク質は30%

桁違いの数字ですね


たとえば、タンパク質を10g摂れば4kcal/gなので

10×4で40kcal

40kcalの30%で12kcalはDITとして消費されるんです!!


4.筋肉を維持できる

筋肉の材料はタンパク質です。このタンパク質が食事制限などで不足してしまうと、筋肉が維持できなくなり衰えてしまい基礎代謝量も減ってしまうので太りやすい体質になってしまいます。


食事制限などする際はタンパク質まで減らさないように、むしろたくさん摂ってくださいね。当店ではトレーニングだけでなく。食事のアドバイスもおこなっておりますのでお気軽にご相談くださいね。

最新記事

すべて表示

意識高い系飯

こんにちは。鍼灸&パーソナルジムISの磯田です。 インスタグラムのストーリーに本日の空き時間を上げてたら、嬉しいことに当日予約が増えました。めちゃくちゃ嬉しいですね~。当日予約大歓迎です。 さて、最近よく「なに食べてんの?」とか、「食事制限してんの?」などよく聞かれます。 食べ過ぎた時や、体重が増えて来たら食事に気を付けます。 その時は、キャベツ、鶏むね肉、豆腐、卵など量を調節して食べるんです。

2024年 謹賀新年

このたびの令和6年、能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 被害を受けられた皆様の安全と1日でも早く平穏な生活に戻られますことを心よりお祈り申し上げます。 昨年はたくさんの方にお越しいただけるようになり、「遺伝子トレーニング」の認知度も上がり飛躍の1年になりました。 2024年も引き続き皆様に喜んでいただける鍼灸&パーソナルジムISになるように努めます。 みなさま、本年もどうぞ

Comments


bottom of page