top of page
  • 執筆者の写真磯田

脂肪が燃える仕組み

 こんにちは、肩と肘を同時に脱臼した事がある磯田です。

トランポリン競技時代にやっちゃいました。。。。こんなん珍しいって病院の先生に言われました(笑)


さて、本題です。

今回も



 私たちが減らしたいと思っている脂肪のほとんどは、過剰となったエネルギーが形を変えて、白色脂肪細胞に蓄えられたものです。脂肪を燃やす事は、この貯蔵物を消費すると言うことです。余分な脂肪は燃やしてなくしましょう。

ではどうすれば燃やすことができるのでしょうか?


まずは脂肪が燃えるメカニズムです。

ざっくりこんな感じです。笑


運動すると、様々なホルモンが出てリパーゼと言う酵素が活性化されます。

そのリパーゼが中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解してくれます。

グリセロールは解糖系に入りエネルギーを作り出し、

遊離脂肪酸はミトコンドリアでアセチルCo AになりエネルギーとCO2・H2Oを産生します。


要は、運動がきっかけで脂肪はエネルギーへと変わるのです。


ここからが重要です。


脂肪を燃焼させる効率的な運動方法とは?


 強度よりもエネルギー消費量が重要です。

脂肪燃焼を考えると、エネルギーをどれぐらい消費するか が重要になってきます。

活動強度の低い運動は、エネルギー源として糖よりも脂肪が使用されることが多いものの、多くのエネルギーを消費するためには長時間行わなければなりません。一方、強度の高い運動は、短時間で多くのエネルギーを消費することができますが、エネルギー源として使用されるのは脂肪ではなく、糖のため脂肪燃焼効率は低くなります。


 近年の研究では、運動によって消費されるエネルギーは、運動時間の合計で変化することがわかってきています。


例えば

1日30分の運動を行う場合、


「30分の運動1回分」 と 「10分の運動を3回分」

では、

消費されるエネルギー量に差はありません。

また、脂肪燃焼には1回20分以上の運動が必要と言われていますが、20分未満の運動でも脂肪燃焼が起こります。

つまり、まとまった運動時間を確保できないときには、短い運動を複数回行えば問題ありません。


さあ、新年度スタートに合わせて運動習慣をつけましょう!!







最新記事

すべて表示

意識高い系飯

こんにちは。鍼灸&パーソナルジムISの磯田です。 インスタグラムのストーリーに本日の空き時間を上げてたら、嬉しいことに当日予約が増えました。めちゃくちゃ嬉しいですね~。当日予約大歓迎です。 さて、最近よく「なに食べてんの?」とか、「食事制限してんの?」などよく聞かれます。 食べ過ぎた時や、体重が増えて来たら食事に気を付けます。 その時は、キャベツ、鶏むね肉、豆腐、卵など量を調節して食べるんです。

Comments


bottom of page